[作例#3][2021] ワカサギ電動リール

今回、紹介していくのは、ボディ色「青」でスプールを替えたときに出てくる雰囲気の違いです。私がワカサギ電動リールの紹介に使う写真も青が多いのですが、ワンポイントで変化をつけるためにスプールの色のバリエーションを紹介してみたいと思います。

青+金

青+金の組み合わせ

冒頭の画像でも出していますが、まずは青+金の組み合わせです。

この組み合わせは個人的にも大好きな組み合わせです。青と金は補色関係にあるため、コントラストをはっきりさせてくれるため、一般的にも相性が良い組み合わせと言われているようです。こちらの電動リールでも、金色のスプールが引き立って見えてきませんか?

別の角度からの写真。

手元側から見た写真になります。

青+黒

次に紹介するのが、青+黒の組み合わせです。

黒のスプールは、他のワカサギ電動リールのスプールとしても一番多いのではないかと思います。その黒と、青のボディを組み合わせたのがこちらです。

この組み合わせであれば、特にボートなどをメインで釣りに出かける方などの場合、ボディもスプールも良い意味で主張せず、穂先の挙動に意識を集中することができると思います。

手元側から見た写真です。いかがでしょうか?

青+ピンク

次は変化球です。

青のボディに、ピンクを組み合わせてみました。青と組み合わせることで、ピンクのスプールがかなり主張してくる感じですね。

他の人と違いを出す意味でも、こういう組み合わせは良いのではないかと思います。

青+白

はい、いつものやつです。私もこちらをメインで使用しています。

この組み合わせは、「落ち着いた様子や静謐さ・寒さなどをイメージさせると、単調さ・清らかさ・素朴さなどをイメージさせるとを組み合わせることで、落ち着きのあるおとなしい雰囲気や、物悲しげな様子、またどことなく神秘的な状態や、涼しげな印象などを醸し出すことができる」とのことです。

寒い空気の中で行うワカサギ釣りと、この青と白の電動リールが、なんとなくマッチしているような気がします。青も白も、どちらも寒さをイメージさせる色だからですかね。

まとめ

ここでは以下の組み合わせを紹介してきました。

  • 青+金
  • 青+黒
  • 青+ピンク
  • 青+白

ボディ青はいちばん人気のある色ですので、ちょっと変わったスプールと組み合わせて特徴を出してもいいかもしれないですね。

ここに紹介した色以外でも、オーダーをお受けすることができる場合があります。もしご希望の色があればご相談ください。